ICOI Diplomate- ICOI指導医

ICOI Dplomate — 指導医の申込条件 (必須)

1. 歯科医師の免許書を有すること
2. ICOIのFellowship or Mastership Active Memberである (年会費入金、資格更新済み)
3. 最終補綴物を装着後、1年間以上経過しているインプラント60症例リスト
Form-A  /   A の一覧表翻訳   (申請資料1) に記入し、紙にプリントする
外科処置のみを行っている場合:60症例で200本以上のインプラント体埋入症例
補綴処置のみを行っている場合:60症例で100本以上のインプラント修復症例
外科処置、補綴処置の両方を行っている場合:60症例で75本以上のインプラント体埋入症例
症例は、1口腔内の治療が全て終了していること。上記60症例のうち20例の詳細は下記の
とおりで指定の Form B (申請資料2) に記入し CDに記録してください。
❶.10症例:最終補綴物を装着後5年以上経過している症例であり、インプラント選択や補助処置
修復デザイン、材料に多様性等を有すること
❷.10症例:以下のいずれかに該当する困難症例
【外科編】
❶.骨造成(増生)症例
1.2回法による処置で、2歯以上の症例※2
2.1ブロック以上におよぶ自家骨移植症例
❷.上顎洞挙上症例
❸.著しい骨吸収を伴う症例
1.無歯顎症例
2.ソケットリフト症例(上顎洞底まで2~3mm以下)
【補綴】
アイヒナーの分類II以上、ケネディーの分類クラスII
※術前・術後のパノラマエックス線写真および術前CT画像が必要
※2 骨造成(増生)後でインプラント体埋入前のパノラマエックス線写真が必要
4. 過去5年間にICOI世界大会, アジア太平洋(AP Section)大会の何れに2回以上参加していること
5. 過去 5 年間にICOI生涯研修(CE)クレジットが150 以上あること
6. ICOI Diplomateセミナーに研修すること(CE 120~150 該当する)
7. 過去 5 年間にICOI学術大会で2回以上、ポスターか、口演、テーブルクリニックなど
の発表をしていること (AP Section Congress & ICOI World Congressでは4 倍の時間算定)
7. 推薦書 通 (申請資料3)(有効 ICOI Diplomate, ACC Board Member)有効資格を持っているICOIの会員
8. 経歴書 CV Form 一通(申請資料4写真付)、歯科医師証明書コピー(申請資料5)症例に使った患者の同意書(申請資料6)

ICOI Diplomate 申請方法 
Diplomate 申請するには、上の条件を満たして申請用紙 と、申請資料1、2、3、4、5、6 を事務局に
郵送し、審査に合格してから ICOI のHPの 会員ログインページ から本部に証書の登録申し込みしてください。
※筆記試験(75点以上合格)が課されます

ICOI日本事務局
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4階
財団法人 口腔保健協会内
電話:03-3947-8891 ファクス:03-3947-8341
E-mail  gakkai8@kokuhoken.or.jp

ICOI Diplmate– ICOI 指導医資格更新の条件(5年ごとの更新) 
1. 指導医資格取得後、継続してICOIのActive Memberであること(年会費入金)
2. 期間中ICOI生涯研修(CE)クレジット:150
3. 期間中ICOI世界大会か ICOI アジア太平洋(AP Section)大会の何れに2 回以上参加
4. 期間中ICOI 大会でポスター、口演、テーブルクリニック発表を2 回以上行うこと
5. 期間中一回ICOIの指定Diplomate 資格更新セミナーを修了すること
更新の時期は各会員自分のデータから確認できます